Hello Not-Wiz! いわゆる、ブログ公開のデビュー記事

最初の挨拶

雪々南

へっろ〜♪ナイス トゥ ミート ユー!

雷々北

ちょっと待ってー!
このサイトの最初の記事の出だしがそれで良いの!?
ナイス トゥ ミート ユーって、それ「お前の肉スゲー」って意味にならない!?(なりません

…初めまして、こんにちは!ケミと申します。
一応、このサイトの責任者的存在です。上記に関しては深く謝罪をします。

いや、普通にブログを始めたらつまらないよね!って思って、うちの娘を登場させてしまいました。今後ともこんなネタ的な感じでやっていきたいと思ってますので、是非、気が向いた時には引き続きアクセスをお願いします。

挨拶を終えて

…最初の記事なのですが、早速書く事がありません。
まあ、早速ネタに詰まってます…。

雷々北

早すぎ…ちゃんと書いてください。

いやね…、有名ブロガーさんも最初の記事なんて全然書けてないんですよ。
まとめサイトで有名だった人やYoutuberの***さんとか、最近新しくブログ立ち上げたけど、最初の記事がただの挨拶で終わってたんだよ。

最初の記事は書くのが難しい?

見出しの通りですね。実は、すごく難しい。
それは、新聞記事を毎日書いていた新聞記者に聞いても「難しいね」って言われたから、多分、ブログをはじめた全ての人が感じる事だと思うんだ。
でも、書かなきゃ始まらない。
どんなウェブサイトでもブログでもコンテンツ、つまり記事やページが無かったら、それは使っていない自由帳やクロッキー帳、または色紙と同じようなモノですよね。
真っ白な色紙を見ても読者はトキメキを感じるのでしょうか?

雪々南

白紙のページにトキメキ感じたらヤバい人だよ!

雪々南ちゃん…ダイレクトに言っちゃうね…

でも、そうなんだよね。
白紙の色紙を見ても誰もずっと見たいと思わないでしょ?

トキメキを感じる記事を最初から書かないとダメ?

中身が白紙の状態からはじまる、ブログをはじめた人だけの自由な空間。
それなら、自由に書いても良いはず。
私は、そんな気構えて書かなくて良いんじゃないか?って、思います。
理由として、

  • 最初から構えて書いてしまうと、3日で書けなくなる
  • 次からも常に構えて書こうとしてしまい、ブログを書くことへの楽しさが無くなる
  • 読者優先をしてしまい、自分の書きたいことを書けなくなってしまう

と、最悪な場合はブログを書く事を諦めてしまい、二度と書きたくない考えが生まれてしまいます。

最初からいつまでも気軽に書こう

有名ブロガーさんも、映像編集が上手なYoutuberも、ブログの最初の記事は面白くなかったりする。
そして、どれだけ自分が良い記事と思っても、全ての読者にとって、それが良い記事になっているとは絶対に言えない。

記事の最後に

だから私は、この先も気軽に書いていきます。
そんな気軽に書いた私の記事に共感いただければこの先も気軽にアクセスをお願いします。
Hello Not-Wiz!!

この記事を書いた人

kmix-39

kmix-39

主に日本の関西に出没する。
小学時代にWindows 95に触れ、BASICを始めて以来、HTML、Perl、Java(JSP, Servlet)、COBOL、C++、C#、PHP、Objective-C、Swift…と、数々の言語を地獄の現場を経験しながら覚えていった元IT社畜。
「好きな時に 好きなことを 好きなだけ」をしたい。