試そう!WordPressのプラグイン! – Planet Charts

この記事は、WordPressの色々なプラグインを試しに使っていく「試そう!WordPressのプラグイン!」の第一回目です。「Planet Charts」と呼ばれるプラグインを試します!

今回試したプラグイン

Planet Charts – A Chart Block Type for the Gutenberg Editor と呼ばれるプラグインを試しました。

テネーブル

有料のプラグインです。
購入した時はセール中だった事もあり、日本円で1,000円くらいでした。
今でも大体1,500円前後で購入できるようですね。

テネーブル(アイコン01)

どんなプラグイン?

ブロックエディターでグラフを簡単に作成できるプラグインです。

「一般」ブロックに「Planet Charts」と言うブロックが追加され、そこから5種類のグラフを作成出来るようになっています。

  • Pie Chart(円グラフ)
  • Doughnut Chart(ドーナツグラフ)
  • Bar Chart(棒グラフ)
  • Horizontal Bar Chart(バーグラフ)
  • Line Chart(折れ線グラフ)

追記

レビューやコメントでレーザーチャート が欲しいと要望を書いたら作者がアップデートしてくれました!現在はレーザーチャートを含めた6種類がサポートされています。

作れる6種類のチャート(グラフ)例

設定は、すごく細かくできる!

設定出来る項目が豊富に存在しています。

  • タイトルラベルの表示 / 非表示
  • 各ラベル/ タイトルのカラー
  • ラベル / タイトルの位置
  • ドーナツ / 円の大きさ
  • ラベルの表示方式の設定(パーセント、値、ラベル名…)
ルミェール

紹介した設定以外にも設定は豊富!

ルミェール(アイコン05)

プラグインの説明は英語表示、設定は日本語使用可能

テネーブル

日本の方の場合、プラグインの説明が英語表示なのでちょっと解りにくいかもしれません。ローカライズなどをされている方であれば、同封されているPotファイルを用いて日本語化を行う方が良いかもしれません!

テネーブル(アイコン04)

ライセンスはGPL2+。ソースコードはすべて同封

ビルド後のソースコードだけではなく、ビルド前のソースコードも同封されていますのでグラフ系のブロックを開発する参考になりそうです。ライセンスもGPL2+のようです。

唯一の残念な点も克服された

1.2.0ではレーザーチャートも追加され、6種類もある以上はグラフ関連では一番使い勝手の良いグラフ描画ブロック集になったのではないでしょうか?

ルミェール

レーダーチャートも追加されたりレビューにもきちんと対応してくれてる。

すごく使い勝手が良いグラフ制作ブロックプラグイン!

ルミェール(アイコン01)
テネーブル

設定が英語という点ではちょっと難しいですが慣れた後はかなり使いやすいです。オススメです。

テネーブル(アイコン03)

総合評価とまとめ

4.0
  • Planet Chartsはグラフ描画系のブロックプラグイン
  • 設定が英語と言う点だけが唯一の欠点
  • 設定も豊富で作りたいグラフをサクッと作れる手軽さは、どのグラフ描画系のブロックプラグインより優秀!
  • ライセンスもGPL。ソースコードも改造しやすい構成!