Snow Monkey アドベントカレンダー2019の24日目記事

何書こう…と、グダグダ書いただけ。

ケミ

この記事は 「Snow Monkeyアドベントカレンダー 2019」 の24日目の記事になります。

ルミェール(アイコン01)

ネタありません

無い。書くネタがない。

とにかく、12月24日は世間はクリスマスと言って「ベリー、苦しみまぁす」だとか「ペリー 来航シマース」とか「マリー・アントワネーット」とかよく解らない感じで賑わってるだろうし、リア充な人はクリスマスの聖夜にケーキでも食ってるから書かない。なら、単純に「リア充爆発しろ」って私が書いても良いじゃんと。それが言いたいだけにアドベントカレンダーを書こうとしたけど、そんなもん書いてどうするんだ…Snow Monkey アドベントカレンダーだぞ、タカシ怒るわ

Snow Monkey だからといって、ネタもサポート…される訳は無い!

コンテンツになるネタも Snow Monkey でサポートしてくれないかな…?

って言うのは馬鹿げた考えで、ケミがそう考える度に「テーマに勝手にそんなのされたくない!!それで出来るサイトって誰のサイト!?」ってツッコミを葉月さんに入れられてしまう。我ながら、ズボラな考え過ぎる!

ケミ

Snow Monkey でも、どのテーマでもそうだけど、テーマを入れたからってすぐに良いサイトになる訳は無いんだよねぇ。テーマがコンテンツを提供する事は、ほぼ無い。

逆にテーマがコンテンツを勝手に作るのも駄目と思う人もいるって事だね。

コンテンツになるネタは自分で見つけて書かなきゃ駄目。ブログやWebサイトとして成長させる・色付けるのは自分次第って事かー。

テーマ変えたら爆発的に付加効果生まれるとか言う、そんな幻想は捨てろ。捨てちまえ。クリスマスでキープ男から貰ったプレゼントの如くメルカリにでも売っちまえ。って思う。

テーマを変えるだけで爆発的に効果が出るとか怪しい。オレオレ詐欺並みに怪しい。

良くそんな怪しいテーマを自分のサイト導入させられるなって思う。

ルミェール(アイコン01)
葉月

コンテンツを書き続けていけば、どんなテーマでもサイトでも面白いと思う人がアクセスしてくれる事で成果は出てきます。

ある日、昔書いた記事でも起こりますからね。忠臣蔵の時期には忠臣蔵関連の人物などを詳しく分析されたり紹介などをされているWebサイトのアクセスは通常の10倍を記憶するなどが起こります。

忠臣蔵に深く関わっていない別の話でもあるので、検索する人は中々おらずSEOが低いサイトです。

しかし、SEOに力を入れなくても、丁寧に解説されている、読みやすいとなれば、そのマニアの人からのシェアと言う爆発が発生させられるのです。

Hatsuki(アイコン)
ケミ

バズった後から検索サイトが関連付ける場合もあるよね。シェアされた結果、その後に検索順位を勝手に上がっている事もある。

サイトのシェア力も高めましょ?

ルミェール(アイコン01)
葉月

女子力みたいに言わないでね(笑)

Hatsuki(アイコン)

Snow Monkeyは余分なSEO無し。だが、シェアボタンはいっぱいある

ケミ

シェア力を高めるための仕掛け…。これも、気づかれない細かなこだわり?

ルミェール(アイコン05)

余分な装飾もないぞ

ケミ

Snow Monkey を新規の WordPress で入れたら、ほとんど真っ白。

超シンプル。テーマが勝手にコンテンツを作るという事も全然無い。

この画面を見ても、テーマ入れただけで魅力的なSEO爆上げなサイトができるーと思えるなら、頭どーかしてるで。

ルミェール(アイコン05)
新しく入れたばかりのWordPress にSnow Monkeyを適用。雪のように真っ白が目立つ。
葉月

クリスマスで、クリぼっちだからって、言い方をどんどん酷くしないの!

“テーマに様々なSEOに有利な装飾・仕掛けが最初から標準で表示されるようにしてあるので簡単”と言う謳い文句をされているテーマも多いけど、そんな仕組みは不要なのが Snow Monkey のテーマのシンプルな初期画面でも解りますね。

テーマを入れ替えたらテーマ色に勝手に染められるテーマ、私嫌いです。

Hatsuki(アイコン)
ケミ

く、く…くく…クリぼっちちゃうわ!!阿呆!!

クリスマスの時だからと1人で飯屋に行くと勝手にクリぼっち特典をくれた店、私嫌いです。
泣くで!?

ルミェール(アイコン02)

Snow Monkeyは自分からネタにならない。が、ネタにできる・される

そもそも、そこまで書くネタが無いまま、1年ほど前に仕事でもWebサーバーが必要になって、ならWebサイトも公開したくなって…始めたんです。
それで、いざとなると何もネタがない。なら Snow Monkey をネタにしたら良いじゃないかと。
そして始まったのが「Snow Monkeyテーマカスタマイズ」系の記事です。

Snow Monkey をネタにするのは大変

しかし、当初…いきなり問い合わせされた「Snow Monkeyの解説記事をされていますが、これらの事は公式サイトのどこに書かれてましたか?または Snow Monkey のどこに載ってる情報でしたか?元情報を教えてください」には流石に凹みました。

ケミ

ねーよ!そんな元情報とかマニュアルなんて!!タカシがそんな丁寧に書いてる訳ねーだろ。フック一覧も無かったから必死で1から調べてたんだぞ。

全部ソースコードに書いてるわ。うん。

ルミェール(アイコン02)
葉月

伏字になってません。これで3アウトです。退場してタカシに怒られなさい。

Not Wiz では Snow Monkey のソースコードから調べたことを、フックの使い方をサンプルコードを書いたり試したりして、解説記事として勝手に書いてきてます。それをコンテンツにしてます。

Hatsuki(アイコン)

でも、嬉しい事は多い

バグも見つかる

テーマのカスタマイズを記事にする事で、公式サイトからリンクされたり、作者(タカシ)から

キタジマタカシ
タカシ

いや、それは想定通りの動作じゃないです。おそらくバグです!

と意見をもらえるのって、他のテーマでは無い事だと思います。そしてバグだった事で修正されるのも面白い流れです。

v6.1.2で実際に修正されたページテンプレートの問題がそれでした。

公式がネタを取り込んでくれた

勝手に書いた事でも、公式は良いと思ってくれるとそのネタを取り込んでくれる。

元々、Member Postの有効記事を管理画面の記事一覧に割り当て表示すると言う機能は、こちらで勝手にカスタマイズ方法として書いた事だったりします。(現在は公式で対応された為、記事を削除しました)

公式が変更について教えてくれた

ブログカードの仕様が変更された時は、WordCampのイベント時に

キタジマタカシ
タカシ

何かそちらで記事書いてましたけど、フック名が変わったので記事も変えてください。

と教えてくれたりしました。

葉月

解説系のサイトもきちんと見てくれて、問題に気づいた時には教えてくれるとか、親切すぎでしょ!?

Hatsuki(アイコン)

何より、もっと知れる事が面白い

Snow Monkeyを調べていく事で使い方にも新しい発見を見つけられる。これが面白い。

フックの最適解を考えてみたり

(自分も)やれる!Snow Monkey 解説記事

やりたくなってきたらやりましょう。

フォーラムや発言から情報を拾おう

キタジマタカシのTwitterを見ると、たまに「どこにそれ書いてたんや?」と言う情報をぽろっと出す。
それを試してまとめるだけでも記事になる。

回答をまとめるところから始めても良いかも

キタジマタカシ
タカシ

公式サイトの内容は、僕が書いたものであれば引用は全然OKです。


フォーラムは…、僕の返信内容なら基本的に引用OKです。ユーザーさんが書いた内容はちょっと扱いが難しいので一概に言えません。

ケミ

引用は法律(著作権法第32条)で認められてる行為(権利)でもあるから、問題の起こらない程度で引用すれば良いのかな?

発言とか引用する場合は元の言葉のニュアンスとか気をつけて引用しようね(実は結構、タカシの発言引用は気をつけてます)

ルミェール(アイコン01)

最後に

ケミ

情報はどんどん古くなっていくので、既にいくつかの記事内容は古い状態で申し訳ないです。


v9が正式リリースされた後、春くらいに内容をv9で書き直しをするなど、全面的なリニューアルを予定してますー。(記事リニューアル2回目)

ルミェール(アイコン05)