Webの中の愛すべき猿! その名は、Snow Monkey

この記事は、Snow Monkey アドベントカレンダー 2018の21日目の記事を、サイトリニューアルに従い一部追記などをしたものです。

Snow Monkeyって何だろう?

ルミェール

長野県の地獄谷野猿公苑じごくだにやえんこうえんの温泉に浸かる世界中にも愛されている日本でも珍しいお猿さんのことだね!

ルミェール(アイコン01)
テネーブル

合ってはいますけど、この記事で取り上げるSnow Monkeyとは、そのSnow Monkeyでは、ありませんよ?

テネーブル(アイコン04)

はい。この記事で語るSnow Monkeyとは、モンキーレンチのキタジマ タカシさんと言う方が制作された、WordPress(ワードプレス)のテーマ&プラグインのプロジェクトの事を指してます。

そんなSnow Monkeyの公式サイトは、下記となります。

Snow Monkey公式Webサイト
ルミェール

つまり、ここで言うSnow Monkeyは、スゴいおっちゃんが作ったWordPressのテーマ&プラグインのプロジェクトってコト!

ルミェール(アイコン01)

そんなSnow Monkeyとの出会いから今までを、アドベンターイベントの記事として振り返ってみました。

Snow Monkeyのテーマにしたキッカケ

Snow Monkeyは、年間支払い制…サブスクリプション方式なんです。
しかし、私がサブスクリプションをしたのは、結構遅かったのです。

テーマ変更を検討した理由

そもそもテーマを変更する理由となったのが、ブロックエディター(Gutenberg)や、WordPress 5.0と言った事で始まりました。
WordPressのエディター画面が大幅に変わる!と、Webニュースでも取り上げられたのが、確か2018年07月くらいの事です。
そこから、ブロックエディター(Gutenberg)がプラグインとして公開された事にインストールをすると…「なんだこれは?」と言うくらいに変更されていてビックリしましたね。

2018年夏頃の当時、使用していた海外テーマの多くは、ブロックエディター(Gutenberg)にも、WordPress 5.0対応にも、かなり対応が遅い状態で、将来へのWordPressでのWebサイト運営に対する不安を感じておりました。

将来的なサポートを望めないテーマのままWebサイトを続けていく事や、そう言ったテーマを使っての制作事業に対するクライアント先への迷惑を掛ける事。そうした問題を解決する為にテーマ変更を検討しなければなりませんでした。

サポートが海外では英語で伝えるのも難しい問題があり、海外テーマを使用するのをやめようと言う形で、今後は国産の日本語サポートがあるテーマが良いと言う事でテーマ探しを開始しました。

テネーブル

ブロックエディターやWordPress 5からの大きな変更に、海外テーマを使い続けるコトの将来的な不安が凄くあったと言うことです。

テネーブル(アイコン05)

何故、買うに至らなかったのか?

Snow Monkeyを購入したのは、同年2018年の12月…。この記事が書かれる何日か前…。Word Press 5.0が公開された後の事でした。
そんなにも悩んだ一番の問題は、WordPress 5.0が出るまでにブロックエディターに対して、使いにくいと言うイメージを持っていたからです。

当時のブロックエディター(Gutenberg)は、公式以外にブロックも出ていない状態であり、ブロックの数も少なかったのです。
ほとんど標準的なブログテキストしか書けないと言うだけの、標準的なブロックしかありませんでしたので、これで書くのは普通のエディタより苦痛と感じました。
出来る事が、公式のブロックだけでは足りなすぎていたのです。
だから、ブロックエディター対応と言っても魅力を感じませんでしたし、WordPress 5.0対応に対しても実際に公開されてからWordPress 5.0が使いやすいのか試してからで良いと思っておりました。
そうして、2018年12月まで購入せず…の状態がずっと続いたんですね。

ルミェール

まだまだ開発途中のβと言った状態の中で、ブロックエディターに対する使いにくいイメージを持っていたり、将来的な不安と言った問題に悩んでいたんだよね。

ルミェール(アイコン04)

自分たちでテーマを作らなかったのか?

個人で使うにしても、記事を書く時間が無くなってしまいます。
可能な限り、テーマ外(サイトの文章ライティングや、イラスト制作や写真素材の選択…etc)で対応時間を確保したいのが、自分たちでテーマを作らない理由です。
テーマを制作しないからこそ、仕事であれば、お客さんの費用を削減できるます。それもテーマを買うメリットの1つだと思います。
だからこそ、良いテーマを選ぶ必要がありました。

ルミェール

すべて自分たちでやるのは、凄く時間が掛かっちゃう…。
記事が無いブログって誰もアクセスしないから、できれば記事を書くのに集中したいよね!

ルミェール(アイコン01)

早期にすればよかったと後悔したコト

Snow Monkeyはサブスクリプション制なのですが、サブスクリプションをしていると早期特典として有料アドオンプラグインを頂く事が出来ます。
もし、早期にサブスクリプションをしていたら有料アドオンプラグインを頂けていたと…後悔しています(笑)

テネーブル

現在は、すべてのアドオンも使えて、プライベートなサポートもあるプロプランも追加されてますね。
アドオンを個別で購入するより凄くお得かもしれませんね!

テネーブル(アイコン01)

Snow Monkeyが何故選ばれたのか

国産の日本語テーマというのは海外と比べては少ないイメージですが、実は、安いものから高いものまであらゆるテーマを数えれば1000を超えるくらい豊富にあり、かなり選べるものです。

選んだのは、様々な理由から

国産で良質なテーマを探し始めた2018年11月辺りでは、Snow Monkeyと言うテーマは全然有名でなくて、検索にも引っかかりませんでした。
他の日本製テーマに埋もれた存在だったと思います。

何故、そんな有名でもなかったSnow Monkeyを選んだのか? 
その理由は…

  • WordPress5.0に正式に対応している
  • ブロックエディター(Gutenberg)に、早期から対応されていた
  • すごく勉強しやすい構成(子テーマなども作りやすい構造)
  • 仕事でも使いやすい上品なデザイン
  • 記事の読みやすさ
  • デザインがカスタマイズしやすい(カスタマイザー)
  • サポートが充実している(公式サポートフォーラム)
  • コミュニティがある(現在はslackでワイワイ)
  • 重い処理など入っていないシンプルな構造(ページ最適化も!)
  • 無茶な拡張処理が無いので、プラグインと競合することも少ない
  • 試用が出来た
  • 100%GPL
  • テーマと使うことで書きやすくなるオリジナルブロックが豊富
  • テーマ専用のアドオンプラグインまである

と言った、様々な理由からです。
上記にも書いたように2018年12月当時のSnow Monkeyは知名度が無かったので、記事執筆時点(2018年12月)では、ここまで便利ってのは知りませんでした。
実際に試用してから「これは便利」と気付かされた感じです。

ルミェール

これだけでも理由は結構多いのに、Snow Monkey v5以降には、テーマのカスタマイズはプラグインでほとんど可能って言う理由も増えたよ。

ルミェール(アイコン05)

実際に使ってみた感想

Snow Monkey。実際に使ってみた感想として何も難しくありません。

簡単に!快適に!短期間で、準備完了

このNot Wiz Grimoireにリニューアルする前のサイトでは、リニューアル前の元の記事を書く2日前にサーバを借り、2日でサイトの多くを制作して運営していました。
実際にリニューアルに関しましても、1週間掛からずに全ての記事を書き換えと共に行なっております。
こんなに綺麗なサイトが短期間で作れてしまうのは、Webサイト制作歴が長いNot Wizの制作メンバーでも過去最短でした。

こんなに簡単に綺麗に出来たら、Webデザイナーの負担はかなり軽減されるのではないでしょうか。(実際に軽減されているそうです)

Snow Monkeyは、テーマと同時にインストールして使う事で、更に便利に記事を書けるSnow Monkey Blocksがあります。
その為、ブログを立ち上げてから、すぐに綺麗な記事を書いていける環境も用意されることで、ストレスフリーに執筆に専念できたのかもしれません。

テネーブル

記事を書くコトが楽しくないとブログって続かないと思うんです。
いざブログを始めるぞーとなった時に、準備もすぐに出来て、簡単で、見たまま、快適に、記事が書けるのはやる気を維持できますね!

テネーブル(アイコン01)

オープンソースなSnow Monkeyに思うコト

この記事の公開日(2018年12月21日)の何日か前には、Snow Monkey blocksが、バージョン2.1.0になりました。

Snow Monkey blocksのバージョン2.1.0では、カテゴリー一覧と、星評価blockがつきました。
実はその基であるソースコードは、Not Wizのケミが書いたものです。

ソースコードが参考になった

Snow Monkey blocksは、作者のキタジマさんが、すべてのソースコードを公開されている為、きちんと改造や修正も出来るのです。

最初は、コードの別問題で、ビルドと言った開発手順がうまくいかず、”本当に改造とか修正って出来るの?”と思っておりましたが…

その理由として、海外のテーマとかプラグインは、元の部分は消してあったり、build(ビルドとは違う読みにくいコードに圧縮などを故意にする行為)されていたり…。
すべてのソースコードを公開されているのなんて一部って感じです。
それでもオープンソースと言っているんですね。
オープンなのに、アクティベートキーが無いとビルド出来なかったり、一部のソースコードがサーバ経由にされていたり、それらに対してもサポートするなら金をくれなのが多いんです。

それとは違い、自分のローカル環境で、100%そのまま改造や修正も可能、さらにはそれを自由にしても良いと言う楽しさと面白さも、Snow Monkeyにはきちんと有ります。

だからこそ、そんなソースコードを読んで、改造して、修正して、実行させるうちに…少しずつブロック開発の基礎まで覚える事ができてしまいました。

1つ1つのBlockの構造が1ディレクトリで分かれていたり、PHPとかのディレクトリ構造も解りやすく、静的ブロックや動的ブロック、サーバサイドと言った種類のブロックも1つ以上あり、ブロック開発の参考になると思われるブロックは、かなり種類があります。
アラートとか簡単そうなブロックもある為、基礎から勉強し始めることも出来た気がします。

そんなSnow Monkey blocksを愛するばかり、このサイトはSnow Monkey blocksを基に勉強したブロック開発記事などもやっていきたいと思いますので、今後も是非アクセスお待ちしております。

餌(プルリク)をやるのも怖くない

どんどんとブロック開発を覚えていく事やや半月。
そうなると、勉強した事で自分のサイトを便利にしただけじゃ収まらなくなっていきます。

Snow Monkeyの公式に改造した機能を追加してもらおう!

と、プルリクへの迷いが生まれていきました。
ただ、本当に自分のコードを追加してもらう為にリクエストして良いのかとか、少し構えていたのはここだけの話です。

プルリクをして、色々なコメントやリファクタリング等を頂いて、そのプルリクを通しても色々勉強させて頂きました。

また、貢献者の一覧に名前まで載せていただいてしまい、申し訳ないやら、何とやら…と言った結果で、嬉しさも100%。

Snow Monkeyは、100%GPLだけじゃなくて、キタジマさんの凄く良い性格も100%反映されていて、それはオープンソースの考え方とかにもきっちりと出ています。

構える必要はなく、餌は自由に与えられる

構えなくても、気楽な気持ちで開発の協力が出来るように、扉をオープン…開けてくれているのがSnow Monkey。
もし、興味あるけどプルリクとか怖いって人や、開発方法は解らないけど…だけでも、オープンコミュニティやサポートフォーラムで意見の交換も可能です。
Snow Monkeyなら、安心して開発協力ができると思っています。

テネーブル

不具合報告や要望も、Snow Monkeyを良くするキッカケです。
餌の与え方は、人それぞれですよね!

テネーブル(アイコン01)

Webの中の、愛すべき猿…

ソースコードを読むにつれて、色んなことを覚えていけたり、
サポートフォーラムの書き込みを見て「WEB制作のお客さんも似たような事で困ってないかな?」とか考えられるようになったり…。

もっと色々、猿(Snow Monkeyの文化)と一緒に進化していきたい。
そう、いつの間にかWordPressの楽しみを何倍にも増やしてくれている存在になっていってます。
こう言う体験って、絶対に他では体験できません。
まず、テーマをサブスクリプションするだけじゃ他で味わうのは無理な事でしょう。
Snow Monkeyから色んな人の仕事の幅が広がっていく可能性があるのも良い所かもしれません。

今ではSnow Monkeyが、ウェブ内で一番可愛い猿になっています。

ルミェール

今後、どんなテーマに成長していくのか、楽しみだね!

ルミェール(アイコン05)