Not Wiz Search Criteriaの今までとこれから

Snow Monkey v7.9.0以降で検索条件を検索フォームに拡張するアドオンとして開発しているNot Wiz Search Criteriaの今までとこれからを書きました。

開発を始めたキッカケ

多くのブログやWebサイトで悩まれる事の一つとして、目的の記事を見つけにくいと言う事。

キーワードでしか検索できないと言う貧弱なサイト内検索機能をもう少し使えるものに出来ないかと相談を受けた事で開発を始めました。

開発を進めた際の問題

どうせなら既存の絞り込み検索プラグインと違うものにしよう!

Snow Monkeyテーマは、オーバーレイなどで検索スタイルがいくつかありますので、それらにインストールするだけで対応する簡単な仕様にしました。

また、WPQueryと言ったクエリを変更する要素は一切使わないようにしています。プラグインを解除した時には検索結果が異なると言った問題が起こらないようにしています。

カスタム投稿タイプやタクソノミーに対応した際に既存のプラグインでは検索条件で選ばせたくない要素も存在するでしょう。
フックで表示される項目テキストや選択させたくない項目を外せるようにしました。

今後の開発について

サポートの有料化

有料化の準備を進め、試験的にお問い合わせからの販売を開始しましたが、いくつかややこしい問題もある為に、無料でプラグインをお渡ししておりました。
今後はプラグインを無料化、サポートを有料化と言う形で対応を予定しています。

今後の予定機能

  • サイト記事内に検索フォームを表示させたいと考えている為、検索ブロックの追加をします。
  • 投稿日時での検索がWordPressでは出来るのでその検索項目の追加を行う予定です。
  • また、サポートの一環としてカスタマイズ例の記事を充実させることを目指しています。